重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

わかることがあるなら、歯周病や顎関節症は、治療を始める前にのがとても大切なことです。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故につながる可能性が増えてしまいます。

もちろん、こうした既往症があるだけで何も隠すことなく歯科医に相談することが大事です。

ごく普通のインプラント治療は、3ステップあると思ってください。

はじめに歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を入れ込みます、その後あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するまで待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせればインプラント治療完了。

という流れは皆さん変わりません。

長期時間をとるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月は時間が必要です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

歯科治療の中で最も、インプラント治療が難しいと言われるのは、治療に失敗した場合、もう一度同じ治療はできなくなる点です。

義歯、たとえば入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを固定させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨がなじんで固定しなければインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、インプラントの埋入の際も、また骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷ということにもなりかねません。

世間に広まってきた、インプラントの処置後、そうなる一つの原因として、歯茎とインプラントのパーツの間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、もっと悪化したインプラント周囲炎を起こしているという可能性もあるのです。

こんなことにに気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギー反応もあまりないようです。

インプラント治療前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部のここから治療がスタートするので安全性を見極めたうえで治療を受けられます。

それでは、治療と同じくらい気を入れなくてはならないなメンテナンスを決められた周期で行っていくことで、人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちすると勘違いしてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残してそのままにしていると歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラント自体も外れてしまうこともあります。

自分の歯のお手入れと変わりのないように歯科医や歯科衛生士の設置後の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

入れ歯で噛むと食べたものがおいしく感じない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは良品です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、入れ歯に比べれば費用はかかりますが自分の歯と同様に噛めるので、食べ物の味も楽しめます。

見た目重視そして使用感を重要視する方には一番です。

費用は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金はのちに帰ってきます。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。

医療費控除を申請するとすれば支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。